本文へ移動

安全への取り組み

輸送の安全に関する基本的な方針(安全方針)

安全基本方針
 
 
  1. 安全こそが最大のサービスを基本理念に、新たに改正となった旅客自動車運送事業運輸規則を遵守し、甲斐延観光は社長以下、全社員一丸となって輸送の安全を最優先に取り組んで参ります。
  2. 輸送の安全確保が事業の根幹であることを深く認識し、安全の確保に全力を尽くします。
  3. 貸切バス事業者の責務として道路運送法をはじめとして、その他関係法令を順守致します。
  4. 全社員の安全意識を高め一丸となって、継続的改善を行い、輸送の安全性向上に努めます。
  5. 輸送の安全に関する情報を積極的に公表し、お客様に安心と信頼を提供します。
  6. 法定の点検・定期点検及び日常の車両点検を確実に実施します。

有限会社甲斐延観光   代表取締役 雨宮 央樹

  1.  

輸送の安全に関する目標(安全目標)及び目標の達成状況

2018年度安全目標
  
安全目標
 1・初心を忘れず基本を守る
 2・安全最優先の運行につとめる
 3・プロドライバーとしての自覚を持つ
 4・事故件数「0」の継続
 
達成状況(2019・3・31現在)
 2018年4月~2019年3月末日までの間、甲斐延観光は毎月の運転者
教育を継続し、乗務員は日々の安全運行に邁進してまいりました。
経営者・安全管理部門は外部講習・所定講習・その他
   ・期間中の道路交通法他関係法令の違反はありませんでした。
   ・期間中の事故は1件
    (下記事故に関する統計に内容を開示します)
創業以来記録更新中の有責事故「0」は守ることができました。
 
事故に関する統計
 他責事故:1件(停車中の車両に他車の追突1件)
      物損、この事故によるけが人は当方、先方含め0人
 
 
 

デジタル式運行記録計(デジタルタコグラフ)の導入

社員の安全が第一。全車両に導入しています
デジタル式運行記録計とは、運行記録計の一種で車両の運行にかかる
速度、時間などを自動的にメモリーカードなどに記録する装置です。
「読み取り装置」でメモリーカードなどを解析し、運転手が法定速度や
休憩時間などを順守しているか確認でき、社員の安全教育に役立てて
います。

安全性評価認定(♡マーク)の認証取得

安全性評価認定事業所を認証取得しています
 
公益社団法人全日本バス協会が、バス運送事業者の交通安全対策などへの、事業所単位の取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を「安全性評価事業所」として認定する制度です。当社では、環境整備をはかることで社員全体の安全性の向上に対する意識が高まっております。

救急救命訓練実施しています

応急手当の基礎知識から救命措置の実施訓練の修了
 
私たちはいつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるかわかり
ません。日頃の生活の予防から始まり、もしもの場面においても
あわてることなく行動できるよう、専門機関にて応急救護処置を
意義から学び、具体的な実施訓練を受講をしています。

睡眠時間を測定する機器の導入

居眠り事故防止と健康管理のため、睡眠時間を測定する機器を貸し出しています
睡眠時間を測定する機器を購入し、社員に貸し出しを行っています。これにより自宅でSAS(睡眠時無呼吸症候群)の簡易検査を行え、居眠り運転による重大事故防止と社員の健康管理に活用しています。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 055-233-7959
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
有限会社甲斐延観光
〒400-0807
山梨県甲府市東光寺1丁目11-2
TEL.055-233-7959
FAX.055-233-7958
■一般貸切旅客自動車運送事業■
 
TOPへ戻る